A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

介護職の心得とは その1

介護に関係する資格は持っており、現場での経験も勉強で培った知識や技術も持っている。そして仕事に対する情熱もある。それでは、あと何が必要でしょうか?それは、介護のプロとしての心得、そして心構えではないでしょうか?では、どんな心構えそして心得を持っているべきでしょうか。

まず一つは自分なりのしっかりとした介護観を持っている、これは重要だと思います。介護というのは、非常に心身のストレスがかかるお仕事です。

そして周りの評価もそれほど高い訳でもなく、また給与も同じく高い訳ではありません。そういった中で、自分の介護としての仕事にやりがいや誇りを失ってしまうことは容易に想像できます。現に介護職の離職率はかなりに上ります。

そういう状況において、引き続き介護のプロとして日々の自分の業務に向き合っていくのに役立つのは、自分なりのしっかりとした介護観なのではないかと思うのです。その介護観が疲れた自分の心を癒し、また支え、奮い立たせるものになると思います。確かに職場環境や同僚たちの支えも重要です。
参考:http://xn--u9jx23jgfa38fuz8at1jp1dmz0adv3awhp.xyz/

お互いに支え合い励まし合うことも大切です。でもなんといってもまずは、自分自身の内面が重要です。自分はなぜ介護職に携わっているのか、自分は何のためにこの仕事をしているのか、なぜ介護職をこれからも続けていきたいと思っているのか。

その辺りの明確な目的意識や価値観をしっかりと持つ必要があります。その自分自身の中の介護観をきっちり持っていられるかどうかで、この仕事への心構えが変わってきます。